お知らせ

2020.12.4 映画『天外者』吉村大阪府知事「五代友厚」を語る、コメント動画が到着!

映画完成を祝して、吉村洋文大阪府知事よりコメント動画が到着!

五代は今の大阪府知事である大阪府判事を務め、その後実業家に転身し、大阪経済の礎を築いた存在であることから、吉村府知事は、「五代さんは大阪の皆さんにとって尊敬する人物」と評し、映画の完成を祝福していただきました。

動画はこちらから▼

 

 

 

2020.12.1 『天外者』追加劇場のお知らせ

下記、6劇場が追加となりました。
お近くの方は是非、劇場まで!

●イオンシネマ新百合ヶ丘
https://www.aeoncinema.com/cinema/kitakami/

●イオンシネマ北上
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/068/TNPI2000J01.do

●イオンシネマ米沢
https://www.aeoncinema.com/cinema/yonezawa/

●イオンシネマ三川
https://www.aeoncinema.com/cinema/mikawa/

●イオンシネマ防府
https://www.aeoncinema.com/cinema/hofu/

●イオンシネマ高松東
https://www.aeoncinema.com/cinema/takamatsu/

2020.12.1 『天外者』TOHOシネマズ六本木完成披露試写を実施!

イベントには、三浦翔平・西川貴教・森永悠希・森川葵・蓮佛美沙子・筒井真理子、田中監督の7名が登壇。
まず始めに田中監督は公開を目前に「感無量です。これだけの沢山のお客さんの前で、今年こうやって公開できるというのは、夢のような瞬間です。」と話しスタートした完成披露イベント。100 年以上前に今我々が生きる日本の基礎を作った偉人たちを演じる上で苦労した点や自分なりにこだわった部分について、三浦は「坂本龍馬を演じるにあたって、いろんな先輩方が演じてきた中で、どうしたら僕の色が出せるのかとすごく考えていたのですが、五代友厚演じる三浦春馬くんがいたからこそ、できた龍馬だと思っています。」と話した。また西川は「これまでの弥太郎は、どちらかというと手段を択ばない非情な部分が描かれてたところが多かったと思うが、でも一代でこれだけのものを作り上げた人なので人間的な魅力があった方、愛嬌というそういった部分を表現しようと思いました。あと、少し体重を増やして臨みました。ちょっと、ぽっちゃりめでした(笑)」と話し、会場の笑いを誘った。
また、日本の未来を切り開いた凄まじい才能をもった“天外者(てんがらもん)”にして、魅力的な女性たちを惹きつけた“人間=五代友厚”の女性から見た魅力とは何かと聞かれると、森川は「自分のためではなく、人や国のために尽くす部分がすごく素敵だな思いました。男性として人間としても魅力的です。」と大絶賛。筒井はそんな五代友厚の母を演じるにあたり「天才の母として、いろんなリサーチをしました。エジソンの母やレディーガガの母など。春馬くんの母役を何度かやらせてもらっているが、本番中の物凄い集中力の彼を見ているだけで、本当に天才を見ているようで、そのまま“やす”にさせてもらって、ただ見守るだけで母になれていたんじゃないかなと思います。」と三浦春馬とのエピソードを話した。また蓮佛は「三浦さんとは高校の同級生で、10年前も学園物で一緒だったんです。そんな中、正式に事務所オファーが来る前に、「れんちゃん、この役やってくれない?」って言われたのがこの夫婦役で、本当にうれしかったです。」と話した。森川は撮影中のエピソードについて聞かれると「ほとんど三浦さんとの二人芝居でしたが、かならず演技のあとに一言かけてくれるのが嬉しくて。これからは、人に対して、春馬さんを見習って思ったことを声にしていこうと思いました。」と力強く話した。森永は「ふんどしになって、弥太郎さんに水をかけられるシーンがあるんですが、西川さんに、「薄っ!」って言われまして…。細いならまだしも、薄いって…(笑)それをきっかけに筋トレ始めました!」と話すと西川な「ほんと、はんぺんみたいだった(笑)」と続け、またも会場を笑いに包んだ。
“武士の魂と商人の才を持つ男“五代友厚がもし今の日本にいたら、どんな職・地位に着いて欲しいでしょうかという質問に対して、西川は「西村経済再生大臣とかのポジションになると、いい施策とか出してくれるんじゃないかなって思うんですけど…」というと、MC の田上が「裏で打ち合わせした通りの回答で・・・」と言い、「それ言わなくていいんだよ!」と三浦がツッコむなど、仲睦まじい様子にとどっと笑いが起こった。三浦春馬さんのキャスティングについて監督は「彼は最近、大人の魅力があって芯がしっかりある。彼にやってもらいたい。彼に対して、あんなに綺麗な大人になれるのか!と思いましたね。」と大絶賛。
また最後に三浦は“今見るべき映画”と謳う本作について「それぞれいろんな思いを抱えて、この場に立っております。こういう場でお披露目ができていることは本当に嬉しいです。このあと上映を見終わったあとに、いろんな感情がわくと思いますが、どうか彼の熱量と必死生きた五代友厚の熱量をしっかりと目に焼き付けてほしいです。」と熱のこもった声でアピール。監督も「まさしく主演の三浦春馬はここで、本当に素晴らしく最高の演技をしています。そしてここにいる役者の方々、しっかりと主演を支えたその素晴らしい演技も、しっかり見届けてください。」と話し、完成披露イベントは幕を下ろした。

2020.11.30 『天外者』追加劇場のお知らせ

下記、7劇場が追加となりました。
お近くの方は是非、劇場まで!

●T・ジョイ横浜
https://tjoy.jp/t-joy_yokohama

●TOHOシネマズ上田
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/068/TNPI2000J01.do

●藤枝シネ・プレーゴ
http://www.cineprego.jp/

●シネマサンシャインかほく
http://www.cinemasunshine.co.jp/theater/kahoku/

●TOHOシネマズ岡南
http://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/031/TNPI2000J01.do

●T・ジョイ東広島
https://tjoy.jp/t-joy_higashihiroshima

●TOHOシネマズ光の森
https://hlo.tohotheater.jp/net/schedule/014/TNPI2000J01.do

2020.11.27 田中監督と城西大学学生・教員による対談を実施!

2020 年 11 月 19 日埼玉県にある城西大学にて、田中監督の講演会が行われました。

登壇者は田中監督と城西大学の徳留教授で、本作を観た後に学生と一緒に映画について語り合いました。
学生が真剣に質問や想いをぶつけ、中には涙を流しながら話す学生もおり、監督や教授もそれに真正面から応えておりました。徳留教授も「こんな考えさせられる映画はない、田中監督の映画は人の気持ちを大事にする映画だ」と語っておりました。

詳しい講演会の様子はこちらから
https://t.co/mrigjG3wW5?amp=1

2020.11.27 学生限定!五代友厚という「天外者」を知ろうキャンペーン実施!

映画『天外者』で三浦春馬さんが演じた”五代友厚”という人物を知っていただく学生の皆様に向けたキャンペーンを実施することが決定いたしました。

●キャンペーン内容
映画『天外者』を見て感じたこと、思ったことを書いて、歴史に埋もれていた真のリーダー五代友厚について学ぼう

●応募方法
学生証のコピーとハガキ に映画『天外者』を見て感じたこと、思ったことを文章又は、イラストで記載の上応募

●応募先
〒160-0023
東京都新宿西新宿7-1-12 クロスオフィス 409 学生キャンペーン宛

●応募条件
学生

●応募期間
2020年12月11日(金)〜2021年1月11日(月)

●特典
抽選で1000名様に劇中特製オリジナルポストカード(非売品)をプレゼント

※当選発表・特典受渡方法 厳正なる抽選の上、当選者は発送をもって代えさせていただきます。
※応募にて頂いたメッセージやイラストは公式にて展開させていただく可能性もございますので予めご了承ください。

2020.11.26 『天外者』完成披露試写 詳細のお知らせ!

※予定販売枚数終了につき販売終了となりました。※※

映画『天外者』東京・大阪での完成披露試写の詳細情報が解禁いたしました

■東京
日程:11/30(月)18:30~
会場:TOHOシネマズ六本木

大阪
日程:12/3(木) ①15:10~/②18:25~
会場:①TOHOシネマズ梅田/②TOHOシネマズなんば

本日18:00よりローソンチケットにて販売開始となります。
登壇者のほか詳細などはこちらからご確認ください。
l-tike.com/tengaramon-pr

2020.11.25 『天外者』完成披露試写 開催のお知らせ!

映画『天外者』東京・大阪での完成披露試写の開催が決定しました!

11月26日(木)ローソンチケット(https://l-tike.com/)で詳細の情報解禁を行います。
こちらの完成披露試写は映画公開前に鑑賞できる唯一の機会となっております。
日時や登壇者に関しては11月26日(木)の情報解禁をお楽しみに!

2020.11.24 公式SNSにて『天外者』をみんなで繋ごうキャンペーン実施!

公式Twitterにあげている「約束編」「決意編」「友情編」の動画ツイートをリツイート!撮影中に三浦春馬さんが付けていたおそろいの五代友厚特性缶バッチ+B2ポスターのセットを抽選でプレゼント!

●3,000RT→3セット ●5,000RT→5セット ●10,000RT→15セット+五代友厚特製コースターも!

https://twitter.com/tengaramon_1211

2020.11.24 『天外者』WEB限定動画3本解禁!「約束編」「決意編」「友情編」

「俺についてこい」「どでかい海を知るんじゃ!」“約束”“決意”“友情”それぞれに込められた五代の熱量が伝わるWEB限定動画3本解禁!

夢見ることを望み強く生き抜いた女性・はる(森川葵)の手を取りながら、「自由になったら何がしたい?」と聞くと五代友厚(三浦春馬)と、「二人で海が見たい」と答えるはる。彼女の涙をこらえた笑顔が印象的な「約束編」は、はるを背負い涙を流す友厚を背景に、「この約束は必ず守る」「誰しもが、夢を見れる国へ」というナレーションが入り、「俺についてこい!」と熱弁する五代友厚のシーンで終わる。

「決意編」は、五代友厚の父(生瀬勝久)が囲碁を打ちながら「あいつの言うことは奇想天外」と言い放つシーンから始まり、まさに五代が「天外者」だったことが伺える。「刀で人を殺しても、世の中は変わりやせん」という力強いセリフの後ろで、五代が自らの髷を刀で切り落とす決意が見られるシーンとなっている。

「友情編」では、「どでかい海を知るんじゃ!」と士気高々に語る五代友厚のシーンから始まり、若かりし頃の伊藤博文(森永悠希)が「あなたがみな皆を引っ張るんじゃ」と憔悴した様子の岩崎弥太郎(西川貴教)を鼓舞する場面や、五代友厚・坂本龍馬(三浦翔平)・岩崎弥太郎・伊藤博文が鍋を囲みながら日本の未来のために志を共にする場面が映し出され、彼らがそれぞれの熱い思いを胸に、友として激動の時代を駆け抜けたことが分かる。今後の情報にもご期待ください!

2020.11.20 『天外者』追加劇場のお知らせ

下記、4劇場が追加となりました。
お近くの方は是非、劇場まで!

●USシネマちはら台
http://cinemax.co.jp/category/chiharadai/

●ミッドランドシネマ名古屋空港
http://www.midland-cinema.jp/mcnk/index.shtml

●佐世保シネマボックス太陽
http://www.cinema-taiyo.co.jp/guide/index.php

●よしもと南の島パニパニシネマ
http://www.just.st/303626

2020.11.19 オリジナルグッズ発売決定のお知らせ!

映画『天外者』の公開を記念して、沢山のご要望をいただいておりました劇場オリジナルの発売が決定いたしました!

ご鑑賞の記念に是非、お買い求めくださいませ。

オリジナルグッズの詳細は公開日までお楽しみにお待ちください!

2020.11.18 今の時代だからこそ、夢を見れる国を作りたい!五代の「志」「天外者(すさまじい才能の持ち主)」な部分を紹介!

■知られざる偉人「五代友厚」とは?

近代日本経済の基礎を構築し稀代の≪天外者(てんがらもん)=凄まじい才能の持ち主≫と呼ばれた五代友厚。
土佐の坂本龍馬、岩崎弥太郎、長州の伊藤博文ら同年代の若者たちと学び、遊び、夢を語りあい、さらには高杉晋作、勝海舟、大久保利通、西郷隆盛、大隈重信、トーマス・グラバーといった日本を語る上で欠くことが出来ない偉人・傑物たちとも交わり、友として彼らを支えた。武士の身でありながらも上海に渡って蒸気船を購入し、海外貿易による商業立国を説き、イギリスへ留学生を送り出し、自らもヨーロッパを視察する。まさに五代は、「誰もが夢を見ることが出来る国」を作るべく、世界中の知見を手に入れ、また大久保利通らを支え殖産興業・富国強兵などに邁進させたのだ。明治政府が誕生すると政府役人となるが、大阪を「東洋のマンチェスター」に発展させるため実業家に転身。明治 11 年には大阪に商法会議所を作り、貨幣造幣局の設立、電信・鉄道・紡績・鉱山など多くの事業を精力的に手がけ、現在の大阪証券取引所・大阪商工会議所・大阪市立大学など膨大な数の組織や企業の設立に尽力した。
明治 11 年に大阪に商法会議所を作った際には、自ら会頭に就いた五代。同時に株式取引所も創設させ、大阪財界を復興させ
る。同年東京では、渋沢栄一が東京商工会議所を創設し、「西の五代、東の渋沢」と呼ばれるようになった。渋沢よりも 4 年早い明治 2年には民間に転じていた五代は、時代の一歩先を見据えて新しい時代を作ろうとしていたのだろう。彼の「誰もが夢を持てる国作り」の志を垣間見ることが出来る。

■”今”にも生きる「志」、だからこそ”今”観るべき映画

つまり、現代日本の繁栄は、五代と渋沢によって実現したといっても過言ではない。今自然災害や新型コロナウイルスなどの危機に瀕している現代で、今こそ危機の時代に夢を見ることが出来る国を作ろうとした五代に、学ぶべきところはたくさんあるのではないだろうか。彼の「志」は今の現代人の心の中にも生きているはずう。今の時代だからこそ、五代友厚の生きた時代と彼の人間像を描いた本作を観て、激動の時代を駆け抜けた薩摩の男を感じでほしい。まさに「天外者(凄まじい才能の持ち主)」を体感することが出来るだろう。またここで多くは語れないが、映画のラストシーン、三浦春馬さんの魂こもった演技には胸を打たれること間違いなし!

 

2020.11.11 『天外者』追加劇場のお知らせ

●T・ジョイSEIBU大泉
https://tjoy.jp/t-joy_seibu_oizumi

●シネマイクスピアリ
https://www.ikspiari.com/cinema/

●T・ジョイ長岡
https://tjoy.jp/t-joy_nagaoka

●フォーラム東根
https://www.forum-movie.net/higashine/

●109シネマズ明和
https://109cinemas.net/meiwa/

2020.11.5 『天外者』ムビチケカードに関するお知らせ!

好評により発売中のムビチケカードが売切れてしまっている劇場が一部ございます。

今月中旬には追加分が各劇場に納品となりますので、お買い求めの方は今しばらくお待ちください!
改めてお知らせ致します。

※ムビチケカードのみの販売(特典は付きません)

2020.11.5 『天外者』心突き刺さる場面写真WEB解禁!

今回解禁された場面写真では、五代友厚(三浦春馬)と坂本龍馬(三浦翔平)が鬼気迫る顔で背中を合わせている写真や、岩崎弥太郎(西川貴教)と伊藤博文(森永悠希)が、真剣な様子で話し合っている写真が解禁された。五代と妻・豊子(蓮佛美沙子)が二人寄り添って字をしたためている写真からは、妻の優しさと五代が唯一心休まる場所が、豊子の隣だったということが伝わってくる。また坂本と岩崎が希望に満ちた目で前を見据える写真や、はる(森川葵)の力強い目線からは、彼らが五代の志と同様に、激動の中で希望を捨てず、夢のある未来を求めて生き抜いたことが分かる。ますます本作に期待の高まる場面写真となっている。

公式SNS:https://twitter.com/home?lang=ja

2020.11.4 『天外者』追加劇場のお知らせ!

下記、2劇場が追加となりました。
お近くの方は是非、劇場まで!

●渋谷 HUMAX シネマ
https://www.humax-cinema.co.jp/shibuya/

●MOVIX 日吉津
https://www.smt-cinema.com/site/hiezu/index.html

47 都道府県すべてで上映が決まり、全国180館となります。
前売り特典は完売のためムビチケカードのみの販売となります。

2020.10.30 『天外者』追加劇場のお知らせ!

下記、1劇場が追加となりました。
お近くの方は是非、劇場まで!

●シネマサンシャイン土浦
https://www.cinemasunshine.co.jp/theater/tsuchiura/

特典付きムビチケカードの発売は劇場へ納品され次第の販売となります。

2020.10.29 『天外者』本予告情報解禁!

“私は夢のある未来が欲しいだけだ!”“俺に任せろ!俺についてこい!!”
五代友厚の“熱い言霊”の数々が胸焦がす!
【時代を変えろ!】豪華キャスト×壮大な青春群像劇がここに誕生!

「夢のある未来がほしい」、という強いメッセージから始まる本映像。激動の時代を駆け抜けた五代友厚、坂本龍馬、岩崎弥太郎、伊藤博文といった偉人たちを、豪華キャストが演じます。

「時代を変えろ!」夢を語る五代と坂本のシーンには、日本の未来のために懸ける熱き男たちの姿が見れる。誰しもが夢を持てる国へと奮闘する姿を、ぜひ劇場でご覧ください。

12月11日全国ロードショー!!

2020.09.24 『天外者』情報解禁!12月11日全国公開決定!

三浦春馬が全身全霊で挑んだ、主演作がいよいよ公開!
混沌と不安の時代に問う、壮大な歴史青春群像劇が誕生!

時代を超え、志は未来に生き続ける―

激動の幕末から明治初期、日本の未来のために駆け抜けた男がいたー五代友厚(ともあつ)
武士の魂と商人の才を持つこの男、薩摩藩士から明治政府役人を経て実業家となり、今日に続く商都大阪の基礎を作り上げた。東の渋沢栄一、西の五代友厚とも評される功績を挙げながらも、長らく歴史に埋もれていた。近年、多くの人の研究により、その真価が再認識される。「実もいらぬ、名もいらぬ、ただ未来へ・・・」とひたすら大いなる目標に向かったその志と熱い思いが、時代を超えて今、解き放たれるー。
圧倒的な熱量で生き抜いた五代友厚を演じるのは主演・三浦春馬。大胆な発想と行動力、そして冷静且、緻密さと優しさを持つ、このミステリアスでさえある人物像をかつて見たことのない迫力と重厚な演技で体現した。取り囲む盟友の坂本龍馬を三浦翔平。豪傑なエネルギーで演じ、新しい龍馬像を切り開いた。龍馬と共に現れ後に三菱財閥を築く岩崎弥太郎を、愛嬌たっぷりの西川貴教。意表を突くキャスティングが、その斬新さと俳優陣の息のあった演技で魅せた。そして初代内閣総理大臣となる伊藤博文の若かりし頃を、フレッシュな森永悠希。更に五代友厚の両親として、生瀬勝久筒井真理子が脇を固め、薩摩の上級武家の品位と葛藤を表す。一方五代友厚の繊細さや優しさを引き出したのが、遊女はる役の森川葵。自由な未来を夢見る。はかなくも強いその姿は、現代を生きる女性の象徴でもある。また五代友厚の志のよき理解者が、蓮佛美沙子演じる妻・豊子。取り巻く女性達もまた、時代の渦の中で五代友厚に重ねた己の人生を全うする。

豪華キャストに日本の歴史を鮮やかに彩る偉人・傑物達を絶妙に配役、かつ“扇の要=五代友厚”に、三浦春馬を据えることで、“予測不能なドラマの連続で今も眩しく輝き続ける”五代友厚の熱過ぎる人生を、近代日本の夜明けと共に、瑞々しく壮大な青春群像劇として描き、満を持して世に贈り出す。